メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

クレンジングは乳化が大事

美容
kana
プロフィール画像

スキンケアやメイクを頑張っている皆さん、クレンジングはちゃんとできていますか?スキンケアやメイクに詳しくてもスキンケアについて知らない方も多いのではないでしょうか。そんないまさら聞けないクレンジングをしっかりご紹介していきます。

つけて流すだけでは落ちない!!しっかり乳化しましょう。

クレンジングをする際に、すぐに流してはいけません。化粧品もクレンジングも油分です。水と油はドレッシングを見てもわかるように混ざり合いません。つまりクレンジングを付けてすぐに水ですすぐだけではメイクは落ちないのです。そのために重要なのは乳化という工程です。乳化とは混ざり合わない性質の液体をしっかりと混ざり合わせることを言います。つまり乳化せずに行うクレンジングは、無理やり水でメイクを落としていることになります。メイクがきちんと落ちていないため肌をこすってしまうことや、落とせていないのに気が付かずそのまま寝てしまうことはお肌にとって非常にダメージになってしまします。気が付かずにやってしまっている方は今日からすぐにやめましょう。


正しいクレンジングのやり方

  1. クレンジングを肌になじませる
    クレンジングを十分な量手に取り、顔全体に優しくなじませていきます。この時、手は乾いた状態が好ましいです。クレンジングによっては濡れた手でも大丈夫というものもありますが、可能なら乾いた手で行うほうがいいでしょう。アイメイクなどメイクの濃い部分になじませるときは力が入りすぎてしまわないように中指と薬指を使うのがおすすめです。
  2. クレンジングを乳化させる
    クレンジングをなじませ終わったら、一度手を洗い今度は濡れた状態の手で肌に触っていきます。クレンジングと水がなじむようにクルクルと肌全体を触っていきましょう。これが乳化になります。メイクが浮いて滑りが良くなってきたら乳化完了です。
  3. ぬるま湯で洗い流す
    乳化が終わったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。乳化が終わっていると簡単に水で落ちてくれるので、肌をこすらずそっと流していきましょう。

クレンジングすべてに乳化って必要なの?

乳化の工程はオイルの含まれているクレンジングに必要なものなので、すべてのクレンジングに必要なわけではありません。水クレンジングやオイルフリーのものを使っている方は乳化の工程はしなくて大丈夫です。使っているクレンジングの使用方法をよく読んでしっかりメイクを落としましょう。

ひと手間だけどプラスしたいポイントリムーバー

クレンジングでアイメイクやリップなど濃いメイクももちろん落とせます。しかし肌への負担を考えるとポイントリムーバーをプラスするのがおススメです。ポイントリムーバーを使ってアイメイクやリップを落とすことによって、皮膚の薄い目元口元をこすってしまうリスクを避けられ、濃いメイクが好きな方にとってはメイクが落ちやすいので時短にもなります。クレンジングをする前にポイントリムーバーを使って先にアイメイクやリップを落とすひと手間を加えるだけで、よりきれいな肌を作れるので時間がある日だけでもプラスしてみてください。

忘れちゃいけないW洗顔

クレンジングをした後、洗顔を忘れていませんか?W洗顔不要のクレンジングを使っていない場合クレンジングの後の洗顔は必須です!そもそもクレンジングと洗顔料では落ちる汚れの種類が違います。クレンジングは油性の汚れであるメイクを落としてくれるもので、洗顔料は水性の汚れである汗やほこり、余分な皮脂、古い角質などを落としてくれるものになります。落としてくれるものが違うのでどちらを怠ってもいけません。もし一回で済ませたいという場合はW洗顔不要のクレンジングを選びましょう。しかし、W洗顔を使っているけどちゃんと落ちているか不安になって洗顔をしてもいけません。必要な皮脂まで洗い流してしまって乾燥の原因になります。ライフスタイルに合わせて適切に使っていきましょう。

クレンジングの正しいやり方はわかりましたか?意外と知らないことや抜けていたところがあったのではないでしょうか。スキンケアの最初ともいえるクレンジングを完璧にしてより普段のスキンケアの質を高めていきましょう。
 

SHARE