メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

秋なのに肌が黒くなるのはなぜ?秋の肌悩みの特徴は黒くなること?! 

美容
shoko
プロフィール画像

日差しの強い夏が終わり、朝晩に涼しさを感じ始めた秋「やっと紫外線地獄から解放される!」と思いながら鏡に写った顔を見ていると「あれっ、なんだか肌が黒くなってる! 
」なんて思ったことはありませんか?秋になれば、肌の悩みから解放されると思ってたら、肌悩みが増えたなんてことも… 
 
じつは、秋肌の特徴に1年の中で肌が一番黒いということがあるのです。さらに紫外線によるシミができやすいというのも秋肌の特徴なのです。要するに秋は肌が黒くなりやすいということです。黒くなったり、シミが出来るのって夏のイメージが強いので「あれ?」と思われた方も多いのではないでしょうか? 
 
今回は、秋に肌が黒くなってしまう原因とその対策についてご紹介します。 
 
秋に肌が黒くなってしまう原因は主に3つあります。 

  • 夏の肌ダメージの蓄積 
  • 秋特有の気温や湿度の変化の大きさ 
  • 秋の紫外線量の多さ 

秋の肌悩みの特徴である「肌が黒くなってしまう」、その原因をひとつずつ説明していきます。 

秋の肌悩み”黒くなる”原因! 

1.秋の肌は夏のダメージをひきずる! 

夏の間、肌は非常に強い紫外線にさらされます。紫外線から逃げるように室内に居れば、今度はエアコンによる乾燥、さらには食欲不振からくる栄養不足や汗の塩分による水分の蒸発など、夏は肌にとって過酷な環境なのです。そんな過酷な環境ですごした肌はどうなるかというと、バリア機能が弱り免疫力が低下します。 

そして夏に受けた肌の奥のダメージがターンオーバー(お肌の代謝)により表面化してくるのが秋なのです。要するに夏の間の紫外線により、肌の奥にできたシミがだんだんと上がってきて目に見えるようになる、だから秋が1年の中で一番肌が黒くなってしまったり、シミが見つかりやすくなってしまうのです。 

2.秋の肌は気温や湿度の変化の大きさについていけない! 

秋になると朝晩の気温は下がって涼しいのに、昼間は夏のように暑い、1日の気温の変化が大きいのが秋です。

さらに湿度については、2021年東京のデータを見てみると8月平均湿度82%だったのが10月には平均湿度65%まで一気に下がっているのです。

8月にジメジメ湿度のピークを迎えたと思ったら、そこからはジェットコースターのように急降下、お肌にとっては恐怖でしかありません。 

これだけ気温や湿度の変化が大きいと、肌は対応しきれません。すこし紫外線を浴びただけで肌が赤くなってしまったり、かゆみなどアレルギーが出やすくなってしまうのです。 

3.秋の肌は紫外線に油断してはいけない! 

油断大敵!秋になり涼しくなったからといって紫外線ケアを怠っては絶対にダメです。

秋の気配を感じると同時に紫外線に対して防御の意識が下がる人もいますが、実施には9月の紫外線量は6月と同じレベルでかなりの多さなのです。 
さらに紫外線の角度も問題です。真夏の日中、外に出ていると太陽の光は真上から降り注ぐので頭が熱くなりますが、秋は太陽の角度がさがり、顔を狙ってきます。夏のダメージを引きずったままの顔を紫外線は容赦なく狙ってくるのです。子供の秋の運動会やキャンプで顔が日焼けしてしまうのはこのためです。秋のレジャーこそ紫外線から顔を守らないといけないのです。 

秋の肌悩み”黒くなる”対策! 

秋の美白とシミ対策 

秋の美肌のポイントは「肌の栄養補給」と「紫外線対策の継続」です。 
秋の肌の特徴は、夏のダメージを受けて弱っており、免疫力が低下したゆらぎやすいお肌です。そんな状況の肌に、夏と同じレベルの紫外線が襲ってくるので、黒くなったりシミができやすいのです。 

そこでまず必要になってくることは、肌が受けた夏のダメージを回復させること。そのためにしっかりと肌に栄養素を与えてあげることが必要です。

栄養とはビタミンやミネラルです。秋の間にビタミン、ミネラルなどをたっぷり肌に与えて回復させてあげないとダメージを背負ったまま過酷な冬を迎えることになるのです。

そうなると冬には乾燥で肌はボロボロ状態!毎年冬になると「乾燥が…」って悩んでいる方は秋にしっかりと栄養補給をして夏のダメージから回復させてあげていないからです。 

もう一つは「紫外線対策の継続」です。涼しくなってきたからといって絶対に油断してはいけません。紫外線量は夏と同じレベルです。さらに紫外線は真夏よりも、あなたの顔を正面から狙ってきます。日傘、ツバの広い帽子、サングラス、日焼け止めをしてください。

日焼け止めについては、塗りムラがないように注意が必要なのとと、首も忘れないでください。角度が下がった秋の紫外線は顔だけでなく首まで狙ってきますからね。首は年齢を表します。秋に首の紫外線対策を油断してしまうと、首がしわしわになり年齢が隠せなくなってしまいます。 

秋だからこそのプラスのケア 

なんだかここまで秋の肌トラブルについて書くと、なんだか秋に嫌なイメージをもってしまいそうですが、お肌に良いこともあるのです。それは、ダメージの回復と紫外線対策をし肌が安定していればとい条件付きですが、秋は美白の結果がでやすいのです。過ごしやすい気候はお肌が栄養を取り込みやすい状況です。肌は夏の紫外線のおかげで美白の意識が高まっていて、夏にできたシミをなんとか排出しようと頑張っています。そんな肌に美白アイテムでサポートしてあげると、肌はしっかりと答えてくるのです。 
 

秋は美白の大チャンス!

秋の肌の特徴に肌が黒く、シミができやすいとうのがあります。それに対しては栄養補給と紫外線対策を継続することが大切です。そして秋はマイナス面ばかりではありません。プラスもあります。それは美白肌を手に入れるチャンスということです。 

この秋に美白の一歩を踏み出してみませんか? 

SHARE