メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

博報堂、ビューティ領域における「SDGs時代に求められる4つの美しさ」を分類

SDGs
YOKARE編集部
プロフィール画像

博報堂が、美容領域におけるSDGsの現状を全国1,030名を対象に生活者調査を実施し、調査結果の分析を通じて、「SDGs時代に求められる4つの美しさ(=ビューティ・インパクト)」を分類しました。

SDGs時代に求められる「4つの美しさ」

調査結果の分析を通じて発見された、SDGs時代の「誰も取り残さない社会を実現する4つの美しさ」を「ビューティ・インパクト」と名付け、分類しました。

  1. 自分らしさを育む美しさ
    誰もが自身の美しさを認め、自身の存在・選択を肯定でき、自分に自信を持てること
  2. 多様な人を思いやる美しさ
    男女/年齢/障がいの有無などの社会的属性に関わらず、全ての人が様々な美を選択できること
  3. 女性のカラダを理解する美しさ
    同じように悩める人の存在を知り、社会の課題認識も獲得し、安心感を得られること
  4. 地球も自分もうれしい美しさ
    環境だけでなく、自分にとってもメリットを感じられる商品やサービスを選択すること

ビューティ・インパクト・マップ

ビューティ・インパクト・マップ

 

4つの美しさを、年代別のビューティのベネフィットと重ね合わせた「ビューティ・インパクト・マップ」は、具体的なアクション開発のヒントとして活用することが可能です。

4つの美しさとアクション開発のヒント

  1. 自分らしさを育む美しさ
    誰もが自身の美しさを認め、存在・選択を肯定でき、自信を持つことをサポートする
  2. 多様な人を思いやる
    美しさ男女/年齢/障がいの有無などの社会的属性に関わらず、全ての人に美の選択肢を提供する
  3. 女性のカラダを理解する
    美しさ同じように悩める人の存在を知り、社会の課題認識も獲得し、安心感を得られる場を提供する
  4. 地球も自分もうれしい
    美しさ環境だけでなく、自分にとってもメリットを感じられる商品やサービスを提供する
SHARE