メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

美肌を目指す!コラーゲンを豊富に摂れる食材とは?

美容
YOKARE編集部
プロフィール画像

美肌にいい成分としてよく取り上げられるのが「コラーゲン」です。

最近ではコラーゲンを含有した様々な食品や美容製品などが存在しており、 手軽にコラーゲンを摂取できるようになりました。

しかし、実際にコラーゲンを食品から取ろうと思っても、どの食品に豊富にコラーゲンが含まれているかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はコラーゲンを豊富にとれる食材について、コラーゲンと肌の関係についても触れながら解説していきます。

日常生活にコラーゲンを取り入れて美肌を目指したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもコラーゲンとは?

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、実に体内のタンパク質の約30%はコラーゲンで構成されています。

コラーゲンは皮膚や骨血管などを主に構成しており、肌のハリを維持したり、骨を丈夫にするなどの美容面や健康面に大きく関連しています。

そしてこのコラーゲンは、年齢が上がるごとに体内でのコラーゲン量が減少すると言われており、特にコラーゲンを体内で産生する力が弱くなることに起因しています。

年齢とともに減少していくコラーゲンを体内で維持するためには、日々の食事から十分にコラーゲンを摂取する必要があります。

そのためにも、コラーゲンを豊富に含む食材を中心に食事をとることが大切です。 

コラーゲンはなぜ美肌に関係あるのか?

コラーゲンが美肌に関係する理由は、岐阜城でのコラーゲンの働きに関係があります。

人間の肌は上から順に表皮、真皮、皮下組織の3つで構成されており、この表皮と真皮の状態によって肌が綺麗かどうかが決まってきます。

真皮は肌のみずみずしさ弾力、手触りなどに関係していますが、コラーゲンは主に真皮に存在しており、網の目状に張り巡らされたスポンジのような組織となっており、この網の目の間にヒアルロン酸やエラスチンなどが存在しています。

年齢が若い人の肌では、コラーゲンの網目状の組織がしっかりと構成されておりヒアルロン酸が水分を十分に含む事ができます。 

しかし、年齢が経つことでコラーゲンやヒアルロン酸の数が減少し、コラーゲンの網目状の組織も形状を保ちにくくなることから、ハリが失われ、しわやたるみの原因となります。

このことから、コラーゲンを十分量肌に維持することで、肌のハリやみずみずしさを保つことができ、美肌につながります。

コラーゲンが豊富に含まれる食材

ここからは実際にコラーゲンが豊富に含まれる食材について解説していきます。

コラーゲンを豊富に含む食品は、動物性のものと植物性のもので分けることができます。

コラーゲンを豊富に含む動物性食品

  • 豚もつ
  • 鳥の皮、手羽先
  • 牛すじ
  • 豚バラ肉

コラーゲンを豊富に含む植物性食品

  • すっぽん
  • フカヒレ
  • うなぎ
  • なまこ
  • カレイ
  • エビ
  • クラゲ

上記の食品はあくまで代表的なものとなります。

比較的手に入りやすいものも多く、手羽先やフカヒレなどは手軽にコラーゲンを摂取できる食材として人気も高いです。

その他の食材ではゼラチンやゼリー、プリン、杏仁豆腐などもコラーゲンが豊富に含まれています。

ただ気をつけておきたいのは、コラーゲンを豊富に含む食材はカロリーも非常に高い点です。

コラーゲンを豊富に含む食材だけを大量に食べることは栄養バランスの乱れにつながるため、上手く料理に取り入れていきましょう。 

コラーゲンを効果的に摂取する方法

ここではコラーゲンを効果的に摂取する方法について解説していきます。

まず1つ目がサプリメント利用するということです。

先ほど紹介した通り、コラーゲンを豊富に含む食材はカロリーが高いケースが多いため、栄養バランスはもちろん、ダイエットを意識している女性の方には、大量に摂取しづらいのが難点です。

その点サプリメントであれば、カロリー面を気にすることなくコラーゲンを補充することができるため、効率的にコラーゲンを体内に取り入れることができます。

2点目がビタミンCと一緒にコラーゲンを摂ることです。

ビタミンCを一緒に摂ることで、皮膚上でのコラーゲンの網目構造を作る際のサポートをしてくれるため、サプリメントなどをうまく使い、コラーゲンと一緒にビタミン C を摂取することをおすすめします。

また、気をつけるべき点がコラーゲンを一度に大量摂取しても、全てが吸収されるわけではないではない点です。

コラーゲンは一度に体内で吸収できる量が限られているため、吸収しきれなかった部分は全て排泄されてしまいます。

ちなみにコラーゲンの1日の必要量が5gから10g程度と言われているため、必要量を目安に摂取することを心がけましょう。

コラーゲンを日常生活に取り入れよう

コラーゲンを日常生活に取り入れることで、肌のみずみずしさやハリを保つことができ、美肌を維持することに繋がります。

基本的にはコラーゲンを豊富に含む食材から摂取することをおすすめしますが、食材のみから摂取しようとすると食事が高カロリーとなってしまうため、適宜サプリメントで補う形が良いでしょう。

コラーゲンを生活に取り入れ、若い時の肌のハリやみずみずしさを保ち美肌を目指していきましょう。 
 

SHARE