YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

インドネシアのホリスティック療法「ジャムウ」とは?

今では、さまざまな美容法や健康法が、雑誌やネットで紹介されています。特に、東南アジアの国々や日本は、まさに古くから伝わる美容健康法の宝庫で、天然の素材を使ったレシピやマッサージ法などが、たくさんあります。

今回は、インドネシアに伝わる伝統美容法「ジャムウ」をご紹介していきます。

ジャムウとは?

あまり知られていませんが、インドネシアには1000年を超える古来より伝わる「ジャムウ」と呼ばれるホリスティック療法の伝統があります。このホリスティック療法とは、美容と予防医学を組み合わせたものです。
ジャムウは、自分の持っている自然治癒力を高め、自分自身で自然の力と調和し治していくことを理念においています。

ジャムウの言葉の由来

「ジャムウ」はジャワ語の「ジャンピ」(祈りを意味する言葉)とジャワ語の「ウソド」(健康を意味する言葉)からできた言葉です。

ジャムウ療法士は、1000種類以上もの自生植物の葉や根、樹皮などを材料に、茶やハーブ、煎じ液、浸出法、パウダーやペースト、マッサージオイル、ローション、化粧品、石鹸、錠剤などを作り、それらを使って病気を癒し、身体のバランスや調子を整え、回復させて美しさをもたらしてきました。

ジャムウは、一般的な風邪から高血圧、高コレステロールやリウマチまであらゆる病気の治療に用いられますが、中でも一番注目されているのは美容効果です。

バリやジャワ、その他のインドネシアの島々にあるホリスティック・スパではこの豊かな伝統を取り入れているところが増えており、ツヤのある髪や、美肌、脂肪を減らすトリートメントなどに活用されています。

中でも、特に由緒正しいジャムウは、ジャワの宮廷の女性たちに愛用されていたものを起源としており、そこでは、お肌の角質を除去してやわらかくするために、フローラルバスやお香を使ったスチームトリートメントやスパイスのペーストを使ったマッサージなどの美容法が行われていました。
それが、インドネシア全土に広がり女性たちが8種類のジャムウを作り、それらを売り、ジャムウの哲学や王国の教義を伝えていったのです。

現代では、工場化されたジャムウ製品も数多く出ているため、インドネシアでは、スーパーマーケットやコンビニで気軽に手に入れることができます。

ジャムウに使われるハーブ

ジャムウは、数百、数千という数の植物が使われますが、特によく使われるのが生姜科の植物であるターメリック(ウコン)やショウガをはじめとし、ユーカリやタマリンド、シナモンやカルダモンなどのスパイスなどです。

それぞれの効果効能を見ていきましょう

ターメリック(ウコン)

ショウガの仲間であるターメリックは、ジャムウに欠かせないスパイスの1つとして大切にされています。
その中でも、王道が「薬の王様」と呼ばれるターメリックを使ったジャムウです。

あざやかな黄色が太陽を思わせるためか、現在もなお神聖なものとして扱われており、インドネシアの寺院では儀式で神にお供えする米を着色するのに、使われています。

コレステロール値を下げる効果があるとされ、血液の凝固を防ぐと言われています。また、ターメリックに含まれる黄色い色素には、強力な抗ウイルス作用と抗菌作用があります。抗酸化作用によってフリーラジカルが肌細胞にもたらすダメージを減らすほか、抗炎症作用によって皮膚の腫れを小さくすると期待されています。

美容の面では、ターメリックは血行を促進し、肌にツヤをもたらせます。アジア全般で、ヘアコンディショナーやフェイスマスクなどに使われています。

タマリンド

マダガスカル原産の美しい木で「インドのナツメヤシ」として広く知られています。


タマリンドは、薬草として腸トラブルの治療や消化器官の浄化に使われるほか、のどの痛みを和らげるうがい薬や、葉を湿布にして関節炎の治療としても、用いられています。

また美容では、若葉に含まれる豊富なビタミンが、炎症を起こして傷ついた肌に栄養を与える効果があるため、美容トリートメントによく使われるほか、脂性肌を引き締めるフェイスマスクやトニック、デトックス用のボディラップの材料として使われています。

カルダモン

ショウガ科の植物で、サフランとバニラについで3番目に高価なスパイスとされています。


おなかのマッサージオイルのブレンドに加えられたり、浸出液を咳止めとして飲用されたりして、消化不良や腹部の膨満の治療に使われてきました。

また、肌のかゆみをおさえるためにも使われています。

シナモン

もっとも古くから使われてきた芳香植物の1つといわれるシナモンは、内皮が体に刺激を与え、解熱や血行促進、血圧降下の作用や、抗菌・抗真菌作用は風邪の吸入治療に効果的です。

美容と治療のどちらの用途でも、シナモンはよくショウガと組み合わせて使われます。
血行を促進するボディスクラブや、頭皮のコンディショニング用オイルなどとして使用されます。

奥深いジャムウは、インドネシアでは大変ポピュラーなものとして根付いています。バリマッサージなどで受けれる、ジャムウのトリートメントや、手作りジャムウ、インターネットでもジャムウのコスメなど購入できるので、ぜひバリのホリスティック療法を試して見てくださいね。