YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

残留農薬を少しでも減らすための工夫

農薬は農作物の保存や農業の効率化のために用いる薬剤のことで、殺菌剤、殺虫剤、除草剤、殺鼠剤、植物成長調整剤などがあります。日本国内では禁止されていても、海外では禁止されていない農薬もあります。

今回は、残留農薬を少しでも減らす工夫についてご紹介します。

ポストハーベスト農薬とは

ポストハーベスト農薬という言葉を、一度は聞いたことがあるという人も多いでしょう。ポストとは「後」、ハーベストは「収穫」のことで、収穫後に散布される農薬を意味します。そのため、残留農薬の中でもより危険性が高く、問題となっています。
日本国内ではポストハーベスト農薬を使うことは禁止されていますが、海外からの輸入品に関して注意しなければいけません。輸入される野菜や果物は、長期保存や輸送に時間がかかるため、収穫後に農薬を散布しているのです。


残留農薬を少しでも減らすための工夫

できるだけ農薬を体内に取り入れないようするために、食材選びから調理法で工夫できることもあります。


有機野菜を選ぶ

一番良い方法としては有機野菜や果物などを選ぶということです。
有機野菜は有機JASマークの表示で見分けることができます。どうしても気になるという人はこのような野菜を選ぶと良いでしょう。

皮をむく

野菜の皮には栄養素が多く含まれている為、できるだけ皮ごと摂取したいものですが、残量農薬を少しでも減らしたければ皮をむいて調理しましょう。

茹でる

野菜は茹でこぼすことで残留農薬を減らすことができます。

酢水につける

酢水につけるのも効果的です。特にレンコンなどは酢水につけることで変色を防ぐこともできます。積極的に取り入れたい方法です。