YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

「可能性を秘めたスーパーフード“ゴールデンベリー”とは?南米エクアドル産が米国へ輸出開始」

南米原産のスーパーフード「ゴールデンベリー」。このフルーツがこれから注目を集めるかもしれません。2019年12月、南米エクアドルで生産されたゴールデンベリーがアメリカに向けて初めて輸出されました。

photo by FreshPlaza


このエクアドル産ゴールデンベリーを出荷したのはエクアドルのGolden Sweet Spirit社。同社のDeniss Brito氏によると、14年前にアメリカ農務省とコンタクトを開始してから交渉を続け、先月ようやく輸出が実現したとのことです。同社は自営農園のほか小規模農家との共同生産を通じて、年間15~20トンのゴールデンベリー生産を予定。2020年には米国市場に500トン強を提供できると見込んでいます。

ゴールデンベリーとは?

ゴールデンベリーは、ナス科ホオヅキ属に分類されます。日本で見かける鑑賞用の赤いホオヅキとは種類や原産地が異なりますが、ちょうちんのような袋状の萼(ガク)に実が包まれている姿はよく似ています。

ゴールデンベリーという名前の通り、実は明るい黄色~オレンジ色をしていて、甘さと酸味のバランスが良く、そのままおいしく食べることができます。さらにジャムなどの果肉製品や、乾燥させたドライフルーツなどに加工することも可能です。

出典:https://www.instagram.com/kfvfruit/


ゴールデンベリーは南米のアンデス山脈地域に昔からあるフルーツで、コロンビア、エクアドル、ペルー、チリなどが主な生産地です。エクアドルの主要な気候帯はバナナなどが栽培される熱帯地域ですが、ゴールデンベリーは高地の年間の平均気温は最高気温が21度、最低気温が5度くらいの高山性気候で栽培されるのが特徴です。1700年代以降はイギリスやアフリカ、アジア太平洋地域にも広まり栽培されるようになりました。
古代インカ帝国ではゴールデンベリーを食用としていたため、別名「インカベリー」と呼ばれることもあります。かつてインカ帝国の使者チャスク(Chasquis)がアンデスの高地に自生していたゴールデンベリーを食べ、一日のうちに最大200キロ離れた場所まで移動していたという逸話は、ゴールデンベリーに豊富な栄養があることを象徴しています。

ゴールデンベリーの栄養素

Golden Sweet Spirit社がスイスとオーストラリアで行った第三者による中立的な研究の結果では、ゴールデンベリーが高い抗酸化物質を有していることが分かりました。ゴールデンベリー100gあたりにはカルシウム24㎎、リン220㎎、カリウム1500㎎が含まれています。

エシカルな取引と生産で小規模農家の生活向上と環境貢献を目指す

新たにアメリカという大きな市場へ向けてゴールデンベリーの輸出がスタートしたことは、エクアドルの小規模農家の生計を担保するために有効なことだと期待されています。今までゴールデンベリーを知らなかった消費者の人たちにこのフルーツの価値を認めてもらうこと、そして公正な価格で国際取引を続けていくことは、生産者の労働環境や生活水準の改善につながる重要なポイントです。
ゴールデンベリーのPRイベントや展示会での来場者の反応は上々。米国輸出前からすでに興味を持ったクライアントから多くの問い合わせを受けているそうですが、Brito氏は「家族経営の会社としては、大量供給に焦点を置くよりも、高品質の製品を提供することに重点をおきたい」と話します。
またGolden Sweet Spirit社は2030年のSDGs(国連の持続可能な開発目標)に貢献するエネルギー計画を用意しており、ゴールデンベリー生産における畑と作物のカーボン・ニュートラルを実現することを視野に入れています。

ゴールデンベリーの可能性に注目!

ゴールデンベリーは、健康をサポートする栄養価の高い食べものとしての価値に加え、社会をより良い方向に導く存在となる可能性も秘めています。スーパーフードが広まるきっかけとなったアメリカで展開を始めたエクアドル産のゴールデンベリー、これからますます注目度が高まりそうです。


参考資料
Golden Sweet Spirit社

“Successful first shipments of Ecuador golden berry to US”

APHIS Proposes to Allow the Importation of Fresh Cape Gooseberry Fruit from Ecuador|United States Department of Agriculture

13 Facts About Ecuador’s Golden Berry: Andean Uvilla Fruit |GringosAbroad