YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

プールの塩素で痛む髪…プールに入っても髪を傷ませない3つのポイント

これから暑くなってきますので、プールご利用の方も多くなってきますよね。
そこで気になるのが「塩素による髪の痛み」。殺菌作用のある塩素は人が集まるプールには必要不可欠ですが、なかなか治らない髪の痛みを何とかしたい方必見です!
プールの塩素で痛む髪について、予防の方法と改善策をお伝えしたいと思います。

まずプールで髪が痛む理由を知りましょう。

どこのプールでも衛生状況の安定にために一定量の塩素が含まれています。
一般的に含まれているのがこの3種類。

  • 次亜塩素酸カルシウム
  • 次亜塩素酸ナトリウム液
  • 塩素化イソシアヌル酸

特に最近コロナウイルスで消毒液として使われている次亜塩素酸ナトリウム液にはキッチンハイターやカビキラー等にも含まれているとても強いアルカリ性の成分です。プール用にかなり希釈はしてあり人体に被害はありませんが髪の毛にとっては危険ではあります。
ちなみに色が抜けてしまう大きな原因はこの次亜塩素酸ナトリウム液です。
綺麗な水質を保つために必要ではありますが、塩素にはタンパク質を破壊するという効果があります。髪を構成するタンパク質が破壊され乱れる事でプール後はキシキシしたり、ごわついたりと嫌な感じなってしまいます。

プールに適しているpHはパーマやカラーをしている状態と同じ?!

プールに適しているpH(「ペーハー」、「ピーエッチ」)は、pH7.8というアルカリ性状態です。これはパーマやカラーをしている状態と同じ数値なのです。

普段の髪が心地よい状態である弱酸性pH4.5~5.5からしたら髪に負担をかけているという事態は避けられません。髪と同時に頭皮、皮膚への炎症やダメージにもつながりますので要注意です。

ここだけ聞くと「プールなんて危ないじゃん」と思われるかとは思いますがでも大丈夫です!プールに入る前の対策そして終わった後のお手入れさえしっかりすれば回避できますのでしっかりと覚えておきましょう!

プールに入っても髪を傷ませない3つのポイント

プールには入りたいけど髪は傷ませたくない!とは誰しもが思うことでしょう。下記の3ポイントを注意するだけで、髪のダメージを少しでも回避もしくは改善することができます。

ポイント1 たっぷりと最初のシャワーで髪を濡らしておく

最初のシャワーの際、髪が水分を吸っておけばプールの水を吸い込む量が減りますので毛髪の内部に入り込んでいくのを防いでくれます。

ポイント2 ゴムタイプのプールキャップをかぶる

出来る限り塩素の水には触れない方が良いのでメッシュタイプではなくゴム製の水分が入らないものにしましょう。

ポイント3 プールのあとはすぐによくすすぎましょう

プールの後が一番重要です!塩素の成分が髪に付着している時間が長ければ長いほどに痛みます。
「髪の手入れはお家に帰ってからでいいや」と面倒臭がらずに、まずシャワーで髪をよくすすぐこと。プールの水(塩素)はアルカリ性、髪の毛の状態を早く弱酸性に戻してあげることが大切です。

また、濡れた髪のキュテイクルは開いたままなので収れん(引き締める)作業が必要です。しっかりと流水した後にシャンプーをして、乾かしてキューティクルを閉じてあげることが必要です。

できれば良質な洗浄成分の優しい弱酸性のシャンプー、とくにタンニンという成分が多く含まれる桃の葉エキス配合のものを使うことをお勧めします。桃の葉の成分のおかげでプールの塩素で壊れたタンパク質がくっつきあい、再生しようとしてくれます。あと、傷んで開いてしまった穴を修復しようとしてくれる効果もありますので、おすすめです。桃の葉エキスには頭皮の消炎効果、保湿効果も期待できますので一石二鳥ですね。

シャンプー後はダメージケア用のトリートメントで水分を補給し、アウトバストリートメント(できればオイル)を多めにつけておきましょう。これで水分が逃げるのを防ぐ膜を作ります。ちなみにアウトバストリートメントとは、洗い流さないトリートメントでお風呂上がりやセット前につけることで美髪に導くトリートメントのことです!

シャンプートリートメントがない時は?

もし、「シャンプートリートメントがない」「時間がない」などピンチな時はよーくシャワーで流して無糖の炭酸水ですすぎましょう
とりあえずの応急処置ではありますが、ひとまず弱酸性には戻ります!最悪の状態ではなくなります。お家に帰ったらすぐにシャンプートリートメントしてくださいね。

ダメージに悩まずに思いっきりプールを楽しむためにも日頃からのヘアケア、シャンプー、トリートメントの見直しやアウトバストリートメントの使用で元気な髪作りをすることが大切になってきます。
日々のケアと当日の処置で髪は守られますので頑張ってケアしていきましょう!