メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

あなたは春の敏感肌は季節性敏感肌?敏感肌を予防するスキンケアを紹介

美容
E.M
プロフィール画像

季節の変わりは、どうもお肌の調子が悪い・・と悩まれる方が多いと思います。特に、春先は気温や湿度の大きな変動、紫外線、花粉など様々な原因で「季節性敏感肌」の傾向が強く、肌トラブルを引き起こしやすいです。

健康な肌は、皮膚のバリア機能によって外的刺激から守られていますが、このバリア機能の低下により刺激に対して敏感になっていることを敏感肌といいます。

ここでは、春特有の肌荒れについて原因や改善法をご紹介していきます。

あなたは季節性敏感肌?

冬から春の季節の変わり目、いつもより敏感肌になってしまう人も多いのではないでしょうか。その敏感肌は季節性敏感肌かも。まず、季節性敏感肌の可能性が高いかどうかチェックしましょう。

「季節性敏感肌」チェック
  • 季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすい
  • 花粉症や何かしらのアレルギーがある
  • 日焼けすると赤くなりやすい
  • 汗をかくとかゆくなる
  • 頬や目の周りにかさつきができる
  • ストレスが溜まりやすい
  • 外出が多い
  • 髪の毛や洋服が肌に触れるとチクチクしてかゆくなる

上記の項目が多く当てはまる人ほど「季節性敏感肌」の可能性大です。季節性敏感肌の原因とスキンケアの方法を確認していきましょう。

季節性敏感肌を引き起こす原因

まず、季節性敏感肌の主な原因としてはアレルゲンです。
季節ごとに異なるアレルゲン物質が肌に付着し炎症などを起こすことで、肌にかゆみや赤み、いつも平気なスキンケアが急に合わなくなったりするなど敏感肌へと変わってしまうのです。

皮膚に付着する花粉

本来、花粉はかなり大きな分子なのでそう簡単には皮膚に影響を起こすことはありませんが、冬場に悪化した乾燥肌の方や、アトピー性皮膚炎の方は元々、備わっている肌のバリア機能が低下します。

肌のバリアが低下した状態で、皮膚に付着する花粉の量が増えるとアレルギー反応を起こし、それが肌荒れの原因となると考えられています。

PM2.5

粒子状のごく小さな大気汚染物質をPM2.5と言います。
PM2.5は、一年を通して風に舞っていますが、日本でも最も観測値が高くなるのは春です。特に春は、編西風の影響により中国大陸から黄砂や噴煙などが飛来するため大気中のPM2.5濃度が高くなると考えられています。

このPM2.5は毛穴と比べても20分の1以下しかないため簡単に毛穴に入り込んでしまいます。これが、一種のアレルゲンとなり肌内部のバリア機能を低下させダメージを受けやすくしてしまいます。

紫外線の影響

紫外線は一年中降り注いでいますが、春になると日が長くなり日差しもどんどん強くなります。
特に、紫外線の中でも最も波長が長く、肌の奥まで到達し、光老化を招くUV-Aは3月頃から急に高くなります。

UVケアを忘れてうっかり日焼けをしてしまうことで、影響を受けやすくなります。

季節性敏感肌にはバリア機能を高めることが大事

お肌には、上記のようなさまざまな刺激から肌を守り、水分が失われることを防ぐ「皮膚のバリア機能を」が備わっています。
バリア機能について詳しく見ていきましょう。

バリア機能の役割りは大きく分けて2つ

  1. 保湿:体内からの水分蒸発を防いで乾燥から守るバリア
  2. 保護:外部刺激からお肌を守る物理的なバリア

保湿と保護のバリア機能を司る3つの因子

  • 細胞間脂質:角質細胞同士の間を埋めている脂質のことで、水分を挟み込んで保持します。主にセラミド、脂肪酸、コレステロールで構成されます
  • NMF(天然保湿因子)→主にアミノ酸で構成され、角質層内の水分を引きよせ蓄えることで、潤す働きがあります。
  • 皮脂→皮脂線から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗が混じり合い角質の表面に薄い膜を作り、皮膚からの水分蒸発を防いでいます

このバリア機能の3因子が少なくなることでお肌は乾燥し、さまざまな刺激に敏感に反応して肌トラブルが起こりやすくなります。

敏感肌を予防するためのおすすめスキンケア

敏感肌を予防するためのスキンケアとしては以下の3つの方法がおすすめです。

  • 「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合したスキンケアを使う
  • 保湿と鎮静を心がける
  • クレンジングは低刺激のものを

「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合したスキンケアを使う

「グリチルリチンジ酸ジカリウム」とは、甘草の根茎、または根から抽出したグリチルリチン酸を水に溶けやすくした成分です。

セラミドの働きをサポートする効果があるため、皮膚のバリア機能を高め
肌荒れなどを防ぐ働きをします。

スキンケア品だけでなく、UVベースにも含まれていますので日焼け止めにもおすすめの成分です。

保湿と鎮静を心がける

肌トラブルが起きると、色々とつけたくなりますがまずは、保湿と鎮静を。
低下したバリア機能を刺激しない様に、シンプルケアにしつつ、敏感肌にとって一番大事な鎮静化。

刺激を避けることを最優先し、スキンケアはシンプルに、抗炎症作用のある成分が配合されているものを選んでみて下さい。

クレンジングは低刺激のものを

クレンジング料にはさまざまなタイプがありますが、バリア機能を正常に保つため、潤いを守りながらしっかり汚れを落とせるものを選びましょう。

オイルクレンジングやシートタイプは、刺激が強いため乾燥しやすいので、クリームタイプやジェルタイプがおすすめです。

アルコール・パラベンフリーや、香料不使用、着色料不使用、
鉱物油が添加されているものは避けるようにして下さい。

力を入れ過ぎないよう、中指と薬指を使うと肌に指圧がかかり過ぎないのでオススメです。

肌トラブルが起きやすい春先も、正しい対策でしっかりケアして、美肌を目指しましょう!
 

SHARE