メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

エイジングケア始めるならまずは口元目元から?!オススメの「目元口元のケア」

美容
kana
プロフィール画像

「エイジングケアという言葉を聞いたことがあるが、具体的に何をしたらいいのかわからない。」「今までのケアをガラッと変えなきゃいけないの?」と思っていらっしゃる方にエイジングケアを始めるならまずお勧めしたいのが目元口元のケアになります。そんなおすすめの目元口元ケアをご紹介させていただきます。

エイジングケアとは

エイジングケアとは、加齢(エイジング)に合わせたお手入れ(ケア)をするという事です。年齢を重ねるにつれて、体力と同じように肌の機能も衰えてきます。だいたい、28歳をピークに肌の代謝が落ち始め、乾燥しやすくなり、ハリの元となるコラーゲンが生成されづらくなっていきます。そのお肌の変化に合わせて、適切なケアに変えてあげることがエイジングケアであり、いつまでもきれいな素肌を保つコツになります。

エイジングケアは目元口元から

エイジングケアを始めたいと考える方に、目元口元から始めることをお勧めしたいかーー目元口元の皮膚は約0.6㎜と非常に薄くなっています。目元口元の薄い皮膚はもともとの水分量や汗の量が少ないことから、肌の潤いを守るバリア機能がほかの部分に比べ弱くなります。バリア機能が弱いので、目元口元は乾燥からくる肌荒れやお肌トラブルが発生しやすいのです。さらには、皮膚が薄いため少しの摩擦でも刺激になり、シワや色素沈着にもつながります。肌トラブルが起こりやすくダメージを受けやすい目元口元はエイジングのサインが出やすい場所なのです。

また、アイメイクとリップはメイクのポイントになる部分になるので、ちょっとして変化が自分でも気になり、人からも目につきやすい部分になるので印象にも大きくかかわってきます。目元口元のケアを早めにしっかりしておくことは見た目年齢をぐっと若く見せ、明るい印象を手に入れる近道なのです。

オススメの「目元のケア」

目元のお悩みにつながる原因は主に「乾燥」「刺激」「目の疲れ」です。エイジングケアの第一歩として目元はこの3つをケアしていくことがおすすめになります。

  1. 乾燥へのケア
    目の薄い皮膚は非常に乾燥しやすい部分なのでしっかりとした保湿ケアが必要です。アイクリームや目元のポイントマスクなど目元に特化したスキンケアをデイリーケアにプラスしてあげるのが1つの手です。さらにお手軽なケアとしてすぐに実践できるコットンパックもおすすめです。コットンにいつも使っている化粧水をひたひたになるくらい染み込ませ、2つにさいて目の下に貼り3~5分おいてください。長く置いておくとコットンが乾燥して逆に肌の潤いを奪われてしまうので、時間に気を付けましょう。
  2. 刺激へのケア
    ちょっとした摩擦も、目の周りの皮膚には刺激になりシワの原因にもなります。アイメイクを落とすときにゴシゴシとこすらないようにクレンジングを適量使い優しく落としましょう。また、目元専用のポイントリムーバーを使かってオフするのもおすすめです。こすらずしっかりメイクを落とすことが大切になります。
  3. 目の疲れへのケア
    スマホやPCの画面を見る時間が長いと目の周りの筋肉が疲れてしまいます。目が疲れると血行が悪くなりクマやたるみにつながることがあるので、目の周りはしっかりとほぐしましょう。スマホやPCをよく使う人は、ホットタオルを目の上に置いて目の周りをリラックスさせてあげるのがおすすめです。さらに目周りのマッサージをすると血行が良くなるので目の疲れを和らげることができます。ただ、マッサージをするときに強くこすって刺激になってしまってはいけないので、乳液やクリームなどを使い皮膚への摩擦が減るようにしてマッサージするのがポイントです。

オススメの「口元のケア」

口元のケアは唇と口周りの皮膚の2種類に分けられます。唇は乾燥によってたて皺や、かわがむけてしまうので保湿が大切です。口周りの皮膚は乾燥はもちろん、筋肉の衰えによってたるみが気になることが多いのでそこをしっかりケアしていきましょう。


  1. まずは日中こまめにリップクリームを塗りなおすことを心がけてみましょう。食事をしたり、飲み物を飲んだ時どうしてもリップクリームがとれて乾燥しやすくなります。ちょっとした意識で荒れづらくなるので意識してみてください。さらにスペシャルケアとして週に1回程度リップパックをするのもおすすめです。お使いのリップクリームを少し多めにつけていただいてその上からラップをします。余裕があればラップの上にホットタオルを置くのもおすすめです。その状態で約3分パックしてあげるとプルプルの唇になるのでぜひ試してみてください。
  2. 口周りの皮膚
    口周りの皮膚は薄く乾燥しやすい部分です。まずはデイリーケアをするときに唇の際までしっかり化粧水やクリームをつけてあげてください。塗忘れしやすいところなので、意識してケアしてみましょう。さらに口周りの筋肉が衰えるとたるみの原因になります。口周りの筋肉を鍛えるために、大きく口を開けて、そのあと小さくすぼめるという動きを何度か繰りかえしてみましょう。意識して口周りを動かしてあげることで筋肉が動き顔周りすっきりさせることができます。


エイジングケアと聞くとなんだか難しいケアのように思えてしまいますが、まずは日常のちょっとしたことを気にかけてみて、持っているものでプラスのケアをしてあげることから始めていきましょう。
 

SHARE