メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

医薬部外品と化粧品、どこが違うの?何を基準に選べばいいの?

美容
増田美加(女性医療ジャーナリスト)
プロフィール画像

3つの分類「医薬品・医薬部外品・化粧品」を知ろう

ドラッグストアや化粧品コーナーで販売されているスキンケア商品に、「医薬部外品」と表示されているものがあります。
「医薬部外品と書かれている化粧品は、普通の化粧品とどこが違うの?」と疑問に思われたことがあるのではないでしょうか?

「医薬部外品は、普通の化粧品より効果があるのでは?」「では医薬部外品と医薬品は、どう違うの?」と、疑問は深まるばかり…という人も、多いかもしれません。

そこで、今回は、医薬品・医薬部外品・化粧品の違いと、私たちが知っておくと得することについて紹介します。

効果・効能の高さが違う!?

スキンケア商品は、厚生労働省が定める薬機法によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類されています。

ここで、私たちがぜひ覚えておきたいのは、商品がこれらのどの分類に入るかによって、”効果・効能の範囲”が明確に分かれているということです。
 
結論から先に言うと、効能・効果は、
「化粧品  <   医薬部外品(薬用化粧品) <   医薬品」の順になっています。

「医薬品」は、治療を目的にしたお薬

では、それぞれについて、説明していきますね。

まず、「医薬品」は、病気の治療を目的とした”薬”のこと。配合されている有効成分の効果、効能が、厚労省によって医薬品として承認されたものです。

医師が処方する「医療用医薬品」もあれば、ドラックストア、薬局、薬店で購入できる「OTC医薬品(市販薬)」もあります。

たとえば、皮膚科で処方されている白色ワセリン、ヘパリン類似物質製剤、尿素含有製剤などは、「医療用医薬品」。ドラッグストアで購入できる「医薬品」と表示された外用薬(軟膏、クリーム、ローション)などは「OTC医薬品」に該当します。

効果・効能が認められた成分が入っている「医薬部外品」

次に、「医薬部外品」は、厚労省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。治療というより、予防や衛生を目的に作られています。

「医薬品」とは違い、医師の処方箋や薬剤師、薬局の登録販売者の助言は必要なく、ドラッグストアなどで購入できます。

医薬部外品は、「医薬品」と「化粧品」の中間です。「医薬部外品」のスキンケア商品を化粧品と区別するために「薬用化粧品(例:薬用化粧水、薬用クリーム、薬用シャンプーなど)」と表示されていることもあります。

ちなみに、ここに書かれた「薬用」という言葉もよく見かけると思いますが、「医薬部外品」として認められている表示で、「薬用=医薬部外品」のことです。
 
たとえば、「医薬部外品」は、厚労省が許可した効果のある有効成分が配合されていれば、「肌荒れ、にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「あせも、しもやけ、あかぎれ、ただれの防止」「皮膚の殺菌」「脱毛防止、育毛、除毛」などへの効果を商品に表示することができます。

「薬用化粧品」は、「医薬部外品」のこと

「薬用化粧品」と言われると、言葉の響きから、ケミカル(化学的)なイメージがしたり、「効きそうだけど、効果が強すぎない?」と、疑問をもつ人もいるかもしれません。

しかし、それは違います。「薬用化粧品」の肌への効果は、「化粧品以上、医薬品未満」と考えればわかりやすいのでは、と思います。

医薬部外品(薬用化粧品)は、有効成分が配合され、肌に機能するように作られていて、医薬品と化粧品の中間くらいの立ち位置。

医薬部外品は、化粧品より少しだけ効果が期待できますが、医薬品のように治療を目的としたものではないのです。

美しく健やかに保つ「化粧品」

そして、「化粧品」は、医薬部外品でも、医薬品でもない、それ以外のもの。清潔にする、美しくする、魅力を増す、肌や髪を健やかに保つなどの目的で作られている商品です。

医薬部外品同様に、ドラッグストアなどで販売されていて、スキンケア、ヘアケア、メイクアップなどの商品が「化粧品」に該当します。

化粧品は、医薬部外品には認められている「肌荒れ、にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどに謳うことはできません。
 
化粧品で表示できる効能・効果は、たとえば、「肌を整える」「肌にハリを与える」「肌にツヤを与える」などです。

劇的な治療効果があるような表現をすることは、化粧品はもちろん、医薬部外品でも、禁止されています。
たとえば、「ニキビが治る」「シミが消える」「しわがなくなる」などを表記することはNGです。

それぞれの特性を知って、賢く使い分けて

いかがでしょうか?
医薬品・医薬部外品・化粧品、それぞれの違いがわかったところで、私たちは賢く、自分の目的に合わせて、商品を選びたいものです。

医薬品を使って治療したいのか、医薬部外品で不調を防ぐくらいの効果を得たいのか、効果・効能を得るというよりも美しく、健やかに、魅力的に、を優先したいものなのか…。どれも必要なことです。
どれかに偏ることなく、それぞれの商品の特性をよく知って、賢く使い分ける知識を持ちたいですね。
 

増田美加/女性医療ジャーナリスト

エビデンスに基づいた健康情報&患者視点に立った医療情報について執筆、講演を行う。

女性誌『婦人画報』『GINGER』『MyAge』、女性WEBマガジン『MYLOHAS』『GINGER web』『女子カレLOVABLE』『講談社現代ビジネス FRaU』ほかで女性のヘルスケアや医療の連載を行う。テレビ、ラジオにも出演。乳がんサバイバーでもあり、がんやがん検診の啓発活動を行う。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)、『後悔しない歯科矯正』(小学館新書)ほか多数。新刊(2021年4月2日発売予定)『もう我慢しない! おしもの悩み ~40代からの女の選択』(オークラ出版)が話題。

SHARE