YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

マスクで肌の悪玉菌が繁殖!?美肌菌でマスク荒れの対策を

美容2020.08.20

暑い日でもマスクは必要不可欠。マスクによるニキビや乾燥、肌荒れでお困りではないですか?

マスクによる肌荒れには、マスク内で活性化する「悪玉菌」「日和見菌」が原因かも。肌荒れの原因となる「悪玉菌」「日和見菌」の種類や症状を詳しくご紹介していきます。
正しい知識とお手入れ法を取得して、美肌を維持していきましょう。

マスクによる肌荒れの原因3つ

まずマスクによる肌荒れで考えられる基本的な原因を紹介します。

1.摩擦

マスクの繊維や繰り返す着脱により摩擦や刺激がかかります。マスクの化学繊維は、お肌の潤い成分であるセラミドを奪い、角質層のバリア機能を低下させ様々なトラブルの原因となります。


顔の肌はとても薄く、角質層の厚みは、わずか0.02mmしかありません。
わずか0.02mmの角質層が、外部からの有害物質が侵入しないように、内部から水分が蒸発しないようにお肌を守る役割りをしています。
マスクによる摩擦で角質層が傷つき、バリア機能が低下することで肌荒れを引き起こしてしまいます。

2.汚れが付着しやすい

マスクの汚れはマスク内に付いた、皮脂・メイクなどのお化粧品・汗・呼気(唾液)などがあります。
このような様々な汚れが付着した状態でマスクを長時間使用し続けることは肌にも当然良くありません。

3.多湿により乾燥を招く

マスクすると蒸れるため、肌表面はしっとりしているように思うかもしれませんが、肌の奥はかなり乾燥しています。つまり、インナードライになってしまうのです。
人間の体は、さまざまなセンサー機能が備わっています。肌表面が蒸れていると水分が充分にあると勘違いしてしまい、潤い成分を作らなくなります。そのため、乾燥肌になってしまいます。
肌の水分が足りなくなると、皮脂を出して水分の蒸発を防ごうとします。皮脂の過剰分泌は、できる限りの防御方法なのです。

ベタベタするからと皮脂をとることばかりしてしまうと肌は更に乾燥します。そして、肌を守ろうとマスク内で常在菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌が繁殖し、菌による炎症を起こします。

マスク内で繁殖する肌の常在菌って何?


まず、私たちの肌は、3つのタイプの常在菌に守られています。

善玉菌(表皮ブドウ球菌)

  • 善玉菌の代表的な菌が、この表皮ブドウ球菌です。

別名、美肌菌とも呼ばれる肌を守る働きをしてくれる菌です。
顔だけでなく、全身の角質層の隙間などに存在し、菌数の多い顔では数億個も生息しています。

表皮ブドウ球菌は、皮脂やアルカリ性の汗をエサに、グリセリンや脂肪酸を作り出します。
グリセリンは、肌に潤いを与えバリア機能を高める効果があり、脂肪酸は肌を弱酸性に保ち、黄色ブドウ球菌と言われる悪玉菌の増殖を防ぎます。

つまり、美肌を維持する上で、もっとも大切な働きをする菌と言えるでしょう。


日和見菌(アクネ桿菌)

  • 肌を守ることもあれば、肌荒れを引き起こすこともある菌

日和見菌で代表的な菌は、アクネ桿菌です。アクネ桿菌は嫌気性の菌で、酸素がある環境ではほとんど増殖できずに死んでしまいます。
そのため、酸素のない毛穴や皮脂線に存在します。

一般的に、アクネ桿菌はニキビの原因となる菌と言われています。アクネ桿菌は過剰に増殖しなければ肌に良い働きをします。
ただ、マスクにより皮脂分泌量が増えたり、炎症などで毛穴が塞がったりすると、アクネ桿菌が過剰に増殖し炎症を引き起こしてニキビや肌荒れの原因に。

付き合い方によって、良い影響にも悪い影響にもなる菌です。


悪玉菌(黄色ブドウ球菌)

  • 肌トラブルを引き起こす菌

悪玉菌で代表的な菌が、この黄色ブドウ球菌です。黄色ブドウ球菌は、皮膚の表面や毛穴に存在します。
存在しているだけだと無害ですが、皮膚がアルカリ性に傾くと増殖し肌トラブルを引き起こし、かゆみやアトピー性皮膚炎の原因になります。

傷を受けた皮膚をそのままにしておくと化膿し悪化します。アルカリ性の環境化を好むので、肌の弱酸性を保つ善玉菌が少ないと増加する傾向があります。

常在菌のバランスをとるには、必要な菌ですが、美肌にとっては何のメリットもない菌です。肌の常在菌は、この3つの菌の絶妙なバランスの上に存在しています。

マスクにより、このアクネ桿菌や黄色ブドウ球菌が増殖することで肌荒れを引き起こします。

美肌菌を減らさない方法

表皮ブドウ球菌は、悪玉菌である黄色ブドウ球菌の繁殖を防いでくれます。

この表皮ブドウ球菌を化粧品などで増やすことはできないため、
マスクによる肌荒れを防ぐためにも、今ある表皮ブドウ球菌を減らさない事が大切です。
そのための簡単な方法3つご紹介します。

  1. 洗顔後、入浴後はすぐ保湿
    洗顔後や入浴後は、肌の上の水分が気温や体温によって蒸発します。その際、肌内の水分も蒸発しやすくなり、さらに肌の乾燥状態が進みます。そのため、すぐに保湿しましょう。潤った肌環境は、表皮ブドウ球菌の繁殖を助けます。
  2. 日常的に汗をかく
    日常的に汗をかくことで表皮ブドウ球菌が増える可能性が高まります。軽めの運動を30分程度行う、半身浴や岩盤浴などで汗をかくなど。また、一番楽に汗をかく方法として8時間しっかり睡眠をとること。
  3. ぬるめのお風呂に入る
    熱めのお風呂や、長時間のお風呂は肌をふやかしてしまい角質層を破壊してしまうため、美肌菌を失う原因になります。なるべくぬるま湯で15~20分程度の入浴を心掛けましょう。

マスクによる肌荒れを防ぐためにも、美肌菌をしっかり育てて、美肌を維持していきましょう!!