YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

化粧水に含まれるビワの葉エキスの効能と化粧水の作り方

初夏になると、登場するビワの果実。ビワは、コロンとしていて可愛いたまご形で、そのまま食べることもできます。缶詰やゼリーなどにも加工されています。 ビワは果肉に対して種が大きいという特徴がありますが、ビワの実は大半が水分でとても甘みがあります。

ビワの実には、糖分やビタミン、ミネラル類などの栄養成分が含まれています。特筆すべきは、ビワの実には、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素であるビタミンAに変換されるβカロテンや抗酸化作用が高いポリフェノール類が豊富に含まれいることです。 実はビワの葉は薬用としても活用されています。ここでは、ビワの葉エキスの作り方、ビワの葉エキスの化粧水の作り方をご紹介していきます。

ビワの葉の歴史

ビワの原産地は中国南部インドと言われています。インドや中国では、昔からビワの葉にすばらしい薬効や、癒し効果があると伝えられてきました。

インドの教典には、「ビワの木には、枝や葉、根、茎すべてに大きな薬効があるので、病気の人は手で触れたり、香りを嗅いだり、舌でなめたりすることによって、すべての病苦を治す」と書いてあります。

一方、中国ではビワの葉を「枇杷葉(びわよう)」呼び、貴重な植物性の生薬として利用してきました。

日本におけるビワの葉の歴史は、弥生時代でその後、九州や四国に自生するようになりました。奈良時代にはビワの葉療法の知識が中国から本格的に伝えられ仏教医学のひとつとして全国に広められました。江戸時代になると、ビワの葉は甘草、桂枝などの生薬をブレンドした「枇杷葉湯」という飲み薬として人気を得るようになりました。

暑気あたり、日射病、軽い食当たりなどを予防する精涼剤として庶民に親しまれてきました。 その当時から、ビワの葉は皮膚炎の治療や美容の入浴剤としても活用されており、現代の医療にも繋がっています。 近代では、ビワの葉療法は全国各地で民間療法として行われるようになりました。

ビワの葉の効能

1.血液の浄化

ビワの葉を煮出して温めたエキスが、血液がアルカリ性に浄化され、臓器などの体の諸機能の改善が確認されたそうです。現代でも、鍼灸院や接骨院などでビワの葉温灸などが利用されています。

2.ガン予防

ビワの葉や種には、アミグダリンという成分が含まれています。アミグダリンは、体内に入ると青酸とベンツアルデヒドという物質に分解されます。青酸とベンツアルデヒドには、ガン細胞を攻撃して死滅させる効果があると言われています。よって、ガン予防にも効果があるようです。

3.骨粗鬆症の予防

ビワの葉に含まれるウルソール酸という成分が骨密度の低下を抑制し、強い骨を維持する効果があることが近年分かってきています。温灸として塗布することで、骨への作用が期待できます。

4.脂肪の吸収を防ぐ

ビワの葉を水から煮出して抽出したビワの葉茶が食事で摂取した余分な脂肪の吸収を防いでくれる効果があります。乾燥のビワの葉があれば比較的簡単に取り入れられるので手軽にできるビワの葉療法の一つです。

5.肌トラブルの防止

ビワの葉エキスには、殺菌・消毒・鎮痛の効果があると言われています。虫刺されや口内炎の治療、化粧水としてニキビ予防や乾燥肌にも効果が期待できます。 また、アミグダリンの解毒作用は、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを保ちます。体内の老廃物を排出する効果が強く、それにより腸内環境も整うことで美肌効果が期待できます。その他、豊富なミネラルも美肌作りのサポートをしてくれます。さらに、アトピー性皮膚炎の予防効果もあるため肌の弱い方にも安心して使えます。

ビワの葉エキスとは

ビワの葉エキスは、ビワの葉を焼酎などのエキスに漬け込み栄養素を抽出したエキスのことです。焼酎に漬け込んでいるので、腐らずに長期間の保存が可能で、ビワの葉がない地域の人でも手軽に利用できます。ビワの葉エキスは、湿布や傷口・虫刺されに塗る化粧水として使う他、水で薄めてうがいをする使い方があります。 ビワの葉エキスは、自宅でも簡単に作れます。

ビワの葉エキスの作り方

ビワの葉150gまたはビワの種600gを1.8L(アルコール度数35度以上)の焼酎やホワイトリカーに3ケ月以上漬けておけば、出来上がりです。 ビワの種子を使用する場合、種子600gを水でよく洗い、天日干しにしてから包丁で半分に割ります。

出典:https://www.instagram.com/yumi.hirata/(@yumi.hirata)

ビワの葉エキス化粧水の作り方

化粧水として日常的に使用できます。

材料(約2週間分 50ml)

  • ビワの葉エキス10ml
  • 精製水40ml
  • グリセリン0.5ml(パール大)
  • 保存容器50mlサイズのもの

すべての材料を保存容器に入れて、よく振れば完成です。

出典:https://www.instagram.com/rikafujiwara_hairmake/(@rikafujiwara_hairmake)

簡単ビワの葉茶

簡単にできるオススメのビワの葉茶療法は、自宅でも簡単に取り入れることができる療法です。 名前の通り、ビワの葉5-10g程度を1リットルのお湯で煮出して、ビワ茶を飲むようにする療法です。 市販で販売されている茶葉のタイプや、Tパックタイプを購入しても良いでしょう。カフェインを含まないため寝る前でも安心でして飲むことができます。

ビワの葉には、素晴らしいパワーが秘められています。簡単にできるビワの葉療法を、ぜひトライしてみてください。