メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

スキンケアにオイルはいい?美容オイルの効果や種類を紹介

美容
YOKARE編集部
プロフィール画像

スキンケアには化粧水や乳液をはじめ様々な種類のスキンケア用品が登場していますが、最近スキンケアにオイルを取り入れる方が多くなっています。

しかし、スキンケアにオイルを取り入れたいと思っても、どのような効果があるのか分からず、本当に使う意味があるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はスキンケアにオイルを取り入れる効果について、オイルの種類や使うタイミングなども含めて解説していきます。

スキンケアにオイルを取り入れてみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スキンケアにオイルを使うメリットとは?

スキンケアにオイルを取り入れるメリットは以下の3つが挙げられます。

  • より高い保湿効果
  • 肌に水分を浸透しやすくする
  • オイル特有の有効成分を肌に与える

より高い保湿効果

スキンケアにオイルを取り入れることで、より高い保湿効果を手に入れられることです。

例えば、化粧水は主に肌への水分補給を目的としています。
しかし、化粧水だけでは肌へ水分を補給したとしても、蒸発してしまいすぐ乾燥してしまう可能性があります。

そこで、化粧水を肌に浸透させてからオイルを馴染ませることで、化粧水が肌から蒸発するのを防いでくれるため、より高い保湿効果を得ることができます。

また、外的な刺激から肌を守ってくれる効果もあります。

肌に水分を浸透しやすくする

スキンケアでのオイルは肌に水分を浸透しやすくする働きもあります。

例えば、化粧水をつける前にオイルを肌に馴染ませることで、水分が浸透しやすいように肌の角質層に働きかける作用もあります。

スキンケアオイルは使う順番によって、違った効果も発揮してくれるのです。

オイル特有の有効成分を肌に与える

スキンケアにオイルを使うことで、オイル特有の有効成分を肌に与えることができます。

特に純度が高いとされるオーガニックオイルであれば、植物がもつ肌に良い成分を肌に与え、肌に様々な美容効果を与えることが期待できます。

また、オイルは他の化粧水や乳液、クリームなどとも相性がよく、混ぜやすいため、肌馴染みが良いのも嬉しい点です。

スキンケア用オイルの種類

ここではスキンケア用の美容オイルにどのような種類があるのか解説していきます。

スキンケア用の美容オイルには主に石油由来の「ミネラルオイル」、植物から抽出した「オーガニックオイル」、動物性の脂を主原料とした「動物油脂」の3種類があります。

この中でもミネラルオイルは刺激が強く、敏感肌の方は被れてしまう可能性もあるため、オーガニックオイルか動物油脂がおすすめです。

ここでは、植物の様々な有効成分を肌に届けられるオーガニックオイルの中で、代表的なものを紹介します。

  • アーモンドオイル
  • ローズオイル
  • ホホバオイル
  • ハーブオイル
  • 米ぬかオイル

アーモンドオイル

アーモンドオイルは、敏感肌の方でも使いやすい低刺激なオイルとなっています。

顔はもちろんボディマッサージ用としても使われる汎用性の高いオイルです。
アーモンドオイルの食用としても使える材料であることから、ビタミン E やオレイン酸といった身体に良い成分が豊富に含まれています。

無臭でさらっとした使い心地であり、浸透力も高いため、乾燥が気になる方は一本持っておくと非常に便利です。

ローズオイル

ローズオイルはバラから抽出されるオイルですが、ごくわずかな量しか抽出できないため、大量のバラを使う必要があり価格が高めになっています。

特徴はローズ特有の上品で華やかな香りがあることです。
ローズの種類によって香りも異なってくるため、お気に入りの香りを見つけて香水感覚で使うこともでき、リラックス効果なども期待できます。

ホホバオイル

ホホバオイルは、メキシコなどで採取できるホホバという植物から抽出できるオイルです。

特徴としては誰のオーガニックオイルと比べ酸化しにくいため、長く保存できるという特徴があります。

また、分子構造が人の肌に非常に近いため、かぶれなどのトラブルが起きにくく、安心して使いやすいと言うことも嬉しい点です。

敏感肌の方が初めて使う一本としては、最適なオイルと言えます。

ハーブオイル

ハーブオイルは、ハーブから抽出したオイルで香りが豊かであることが特徴です。

特にハーブの中でもラベンダーは安らかな香りが特徴のため、疲労回復や質の良い睡眠を期待できます。

他にも柑橘系の植物から抽出されるようなフレッシュな香りは、気分転換にもおすすめです。

米ぬかオイル

米ぬかオイルは、米ぬかから抽出される植物性のオイルです。

米ぬかには美肌成分であるγ-オリザノールが含まれており、体への自然な油分を補うとともに、シミの原因となるメラニン色素を抑える作用もあります。

肌の保湿はもちろん、髪の健康状態もあげてくれるオイルとなっています。

スキンケアでオイルを使うタイミング

スキンケアでオイルを使うタイミングですが、以下の2つのタイミングが効果的です。

化粧水をつける前のタイミング
スキンケアの最後の仕上げのタイミング

化粧水をつける前のタイミング

おすすめのタイミングの1つ目は、化粧水をつける前のタイミングです。

スキンケアオイルには水分を浸透しやすいよう働きかける作用があるため、スキンケアのアイテムの中でも水分量の多い化粧水の前に使用することで、化粧水の保湿効果を高めることができます。

また、オイルをつけれる前に手のひらで温めてあげると、より肌に馴染みやすくなります。

スキンケアの最後の仕上げのタイミング

スキンケアの最後の仕上げのタイミングも非常におすすめです。

オイルを塗る前に使った化粧水や美容液に含まれる水分を肌に閉じ込めることができるため、蒸発しにくくなり、保湿効果を維持しやすくなります。

また、乳液やクリームのべたっとした使用感が苦手な方は、さらっとした使い心地のオイルを仕上げに使うのがおすすめです。

スキンケア用オイルを使う時の注意点

スキンケア用の美容オイルを使う時にはいくつか注意すべき点もあります。

具体的には以下の点に注意しておきましょう。

  • 保管場所は常温にする
  • 酸化しにくいオイルを選ぶ
  • 肌にあったオイルを選ぶ

保管場所に関しては、あまりにも寒い場所で保管してしまうとオイルが固まってしまうものもあります。
なるべく常温で保管するようにしましょう。

また、酸化しにくいオイルを選んだ方が良いでしょう。
オイルが酸化してしまうと、肌のくすみやシミを作ってしまう原因となってしまいます。
仮に酸化しやすい性質を持っているオイルは夜だけ使うなど、時間帯を考えて使いましょう。

さらに、自分の肌に合ったオイルを選ぶことも大切です。
肌が弱くない方でもオイルによっては相性が合わずかぶれの原因となってしまうこともあります。
もし不安であれば、パッチテストを行うことをおすすめします。

まとめ

スキンケアにオイルを使うことで、肌に水分を浸透させやすくしたり、肌の水分の蒸発を防ぎ保湿効果を維持できるなどメリットが多くあります。

オイルには自分の肌に合う合わないがありますので、自分の肌に合ったオイルを使い、美肌をキープしていきましょう。


 

SHARE