メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

ブラックジンジャーを使った大人ドリンク「ブラックジンジャーエール」

ニュース
YOKARE編集部
プロフィール画像

ビーテック株式会社は、タイ原産の黒生姜を用いた『ブラックジンジャーエール』を発売しました。ブラックジンジャーエールは、全く新しいジンジャーエール。ジンジャエールと言えば、日本国内では、カナダドライ(コカ・コーラ社)とウィルキンソン(アサヒ飲料)が有名なジンジャエールブランドである。ジンジャー(生姜)を原料としたノンアルコール炭酸飲料である。


ブラックジンジャーエールは、スーパーフード「ブラックジンジャー(黒生姜/クラチャイダム)」を使った、全く新しいジンジャーエール。ブラックジンジャーは、タイで1000年以上もの間、有用植物として親しまれている。

ジンジャーエール(ginger ale)のAleという言葉の語源は“bitter”(苦味)を表すゲルマン語。ブラックジンジャーエールは、その原点を感じられる、大人の炭酸飲料。真っ黒な色も特徴の一つ。

ブラックジンジャーエールの原材料・成分は、高果糖液糖(国内製造)、水あめ、ブラックジンジャー粉末、ブラックジンジャー抽出物(ブラックジンジャーエキス、デキストリン)/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、シクロデキストリンなど。

ブラックジンジャーエールという名前の通りメインに使われているブラックジンジャーは、タイ政府厚生省認定素材。2004年に、タイ政府厚生省は、人々の健康を促進する最も優れた食品素材として12種類の食品素材を「プロダクトチャンピオン」として認定し、ブラックジンジャー(黒生姜/クラチャイダム)もその中の一つ。

ブラックジンジャー

 

「ブラックジンジャーエール」に使用されているブラックジンジャー(黒生姜/クラチャイダム)は、ただのブラックジンジャー高純度粉末ではなく、特許取得されている有用性の高いブラックジンジャー抽出物を使用している。有用成分を時間をかけて抽出し、ポリメトキシフラボンが8.0~12.0%も含まれているブラックジンジャー抽出物を1本あたり150mgも配合。ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンには、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能があることが報告されている。

そのまま飲んでもよし、割材にしてもよし

苦味の効いた「ブラックジンジャーエール」は、お酒の割材としてもピッタリ。

  • ウォッカと割って「ブラックモスコミュール」
  • ジンと割って「ブラックジンバック」
  • ウイスキーと割って「ブラックハイボール」

また苦味とマッチするレモンを添えていただけると、より美味しさを引き出すことができる。
ギフトにもぴったりな6本入り手提げ付ボックスは、持ち手も付いているので、年末年始のお持たせなどにもぴったり。

 

SHARE