メニューを閉じる
メニューを開く
  • 食・料理
  • 美容
  • カラダ
  • 食育
  • SDGs

話題の成分「トラネキサム酸」とは?美白効果や注意点を解説

美容
YOKARE編集部
プロフィール画像

シミに効く成分として、最近「トラネキサム酸」が注目されています。
元々は医療用医薬品の成分として使われていましたが、最近では市販の化粧品にも配合されるようになり、手に入りやすくなりました。

しかしトラネキサム酸について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこでこの記事では話題となっているトラネキサム酸について美白効果や注意点なども解説をしていきます。トラネキサム酸に興味があるけれどもよくわからないという方はぜひ参考にしてみてください。

トラネキサム酸とは?

まずはトラネキサム酸がどういう成分かについて解説していきます。

トラネキサム酸とはアミノ酸の一種で人工的に合成された成分です。
トラネキサム酸にはプラスミンという血液を溶かす物質を抑制する作用があります。この血液を溶かす作用があるため、医療現場においてプラスミンの機能が亢進することによって起こる出血異常の治療としても使われたりします。成分自体は歯磨き粉にも含まれることがあるため比較的安全性が高いとされています。

プラスミン機能の亢進による出血異常の治療薬として使われていたところ、使用していた患者さんから「シミが消えた」という声が上がり、そのことがきっかけでシミや肝斑の治療薬として病院やクリニックで処方されるようになった経緯があります。

トラネキサム酸の美白効果

トラネキサム酸に美白効果があると言われるゆえんは、シミのできるメカニズムに関わっています。

シミのできるメカニズムですが、まず紫外線により皮膚がダメージを受けることで肌の内部に炎症が起き、プラスミンやプロスタグランジンなどの物質が生成されます。プラスミンやプロスタグランジンなどが生成されることでシミの原因となるメラニンが生成され、シミができてしまうという流れです。

トラネキサム酸はメラニンの生成の元となるプラスミンを抑制する作用があるため、シミができにくくなったり、できてしまったシミを薄くすることが期待されています。

トラネキサム酸はどうやって取り入れる?

トラネキサム酸を取り入れるには、薬を飲む内服か皮膚に塗る外用の2種類の方法があります。

内服の場合

内服薬を用いる場合は主に「肝斑(かんぱん)」に対する治療薬が発売されており、医療用医薬品と市販薬の2種類が存在します。

医療用医薬品と市販薬の大きな違いは主成分であるトラネキサム酸の含有量です。
市販薬の場合だと法律で1日当たり最大量が750mgと上限を設定されています。一方で医療用医薬品の場合は1日の最大量が2000mgと2倍以上のトラネキサム酸を含有することが可能です。

医療用薬品の方がトラネキサム酸の含有量が多いため高い効果が期待できます。しかし市販薬で効果がないわけではありませんので、市販薬を試してみて効果が実感できなかった場合には医療機関で医師の診察を受けるなどの流れで治療を続けていくのも選択肢のひとつです。

外用の場合

外用では主に市販されている美白用の化粧品にトラネキサム酸が含有されています。

トラネキサム酸が含有されている化粧品には様々な種類があり化粧水からシートマスクまで多くのラインナップがあります。

スキンケアアイテムは使う方によって好みなどが分かれてくるため、「自分の肌に合っているか」や「好みの香りやブランドのものか」など見極めて使っていくのが良いでしょう。
合う合わないが大きいため、最初は低価格帯のものを使ってみて試してみるというのもおすすめです。

トラネキサム酸に副作用はあるの?

メリットの多いトラネキサム酸ですが、医薬品としても使われているものなので気になるのが「副作用があるかどうか」という点です。

結論から言うと「比較的安全性が高い成分ではあるが、副作用はあるので注意が必要」です。
トラネキサム酸自体は市販薬や化粧品にも用いられている成分なので比較的安全性は高いとされています。しかし、医療用医薬品で行われている臨床試験では0.1~1%未満という低い割合にはなりますが、 食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけなどの副作用が報告されています。 
上記のような症状が出た場合にはすぐに服用を中止し医師に相談をしましょう。

また気をつけたい点が「ピル(経口避妊薬)」との併用ができない点です。これはピルの副作用として血栓症が報告されており、トラネキサム酸を併用してしまうことで血栓症のリスクを悪化させる可能性があるからです。
病院やクリニックで処方を受ける場合には、ピルを服用している場合必ず医師に伝えておきましょう。

 

ここまでトラネキサム酸について美白効果や注意点を解説してきましたがいかがだったでしょうか?

トラネキサム酸には特に女性には嬉しいシミや肝斑の予防や改善が期待できます。しかし、稀ではありますが副作用のリスクもあるため、不安な点がある場合には医師に相談することをおすすめします。

適切な用法用量を守りながらトラネキサム酸を使い、日々のシミや肝斑のケアをしてきましょう。

SHARE