YOKARE 健康なライフスタイルを目指す
ログイン無料会員登録
食・料理美容カラダ食育SDGs成分の話寄稿はこちらから
ログイン無料会員登録

ヒハツを使ったお料理レシピ 秋の味覚「秋刀魚の蒲焼きごはん」

血流改善効果や内臓を温める効果で注目のスパイス「ヒハツ」と秋の食材「秋刀魚」を使った旬を楽しむレシピをご紹介します。

<材料>

  • お米・・・2合  
  • サンマの蒲焼き(缶)・・・1缶
  • にんじん・・・50g
  • ごぼう・・・30g
  • しめじ・・・50g
  • 生姜・・・1かけ
  • 水・・・適量

【調味料】

  • 料理酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 醤油・・・大さじ1
  • 和風だし(顆粒)・・・小さじ1

【トッピング】

  • ヒハツ・・・少々
  • いりごま・・・お好みの量
  • きざみねぎ・・・お好みの量

<下準備>

Ⅰ.生姜は水で洗い、皮つきのままみじん切りにする。

Ⅱ.にんじんは粗みじん切りにする。

Ⅲ.ごぼうはささがきにし、水にさらしておく。

Ⅳ.しめじは手でほぐし、食べやすい大きさに切る。

Ⅴ.調味料を合わせておく。

<作り方>

  1. お米を研ぎ、合わせておいた調味料を入れ、水を炊飯器の2合の目盛りまで入れる。
  2. ごぼうは水を切り、①の中に下準備しておいた野菜(生姜・にんじん・ごぼう・しめじ)
    を入れる。(※ごはんの上に散らしてのせる。混ぜない)
  3. ②の野菜の上にさんまのかば焼き缶を汁ごと入れ、炊飯する。
  4. 炊きあがったら、杓文字でサンマの蒲焼をほぐしながら、ご飯を混ぜる
  5. 茶碗に盛り付け、ヒハツ・白いりごま・刻み葱をトッピングして完成。

「ヒハツ」はコショウの代用としての食べ方を紹介されることが多いですが、コショウとは違った独特の風味を持っています。その風味が山椒にも似ており、今回は「秋刀魚の蒲焼き」と合わせたレシピをご紹介させて頂きました。

秋から冬へむけて、これから少しずつ肌寒くなってきます。“体を温める”ことを意識しながら、ヒハツを毎日少しずつ取り入れて(1日1g程度が目安)いきましょう!